JTA

Q&A

Q1.検定での得点によって級が決まるのですか…?
プロドライバー検定は検定での得点によって級が決まるのではなく、英語検定のように希望する級ごとに受験していただき、合格するとその級の認定がされます。

Q2.準級とは何ですか…?
1級及び2級の検定に設定されているもので、受験者の得点が検定の合格基準におおむね10点以内の差で足りない場合や、受験者の運転技量が当該検定級位に準ずると認められるときに、準1級又は準2級を認定し「認定証書」が発行されます。

受験資格についてのQ&A


Q3.中型免許で大型トラック検定を受験できますか…?
大型トラックの運転には大型免許が必要であり、中型免許では大型トラック検定を受験できません。

Q4.大型免許で中型トラック検定を受験できますか…?
中型トラックは大型免許で運転できるので、中型トラック検定を受験できます。

Q5.大型免許で、大型バス検定を受験できますか…?
大型バスの運転には大型二種免許が必要であり、大型免許で大型バス検定は受験できません。同様にタクシー検定には普通二種免許が必要です。

Q6.3級検定に合格していなくても2級検定を受験できますか…?
3級検定と2級検定はどちらからでも受験できます。ただし体系的に車の運転技術を身につけるためにも3級検定から受験することをお勧めしています。

Q7.2級検定に合格していなくても1級検定を受験できますか…?
1級検定については2級検定に合格していることが必要です。

Q8.講習を受けていなくても検定を受験できますか…?
講習を受けていなくても検定を受験できます。ただしその級に適した運転技術を身につけたり、検定課題を練習したりできるためにも、検定の前に講習を受講することをお勧めしています。

検定申込Q&A


Q9.検定の申込には何が必要ですか…?
検定の申込に必要なのは①運転免許証、②1級受験の場合には2級の認定証または2級の合格証書、③検定料金です。

Q10.検定料金のお支払いには、どのような方法がありますか…?
検定料金のお支払いは①当日までの振込、②当日の現金持参を基本にしますが。 検定実施後請求書による支払い等をご希望される場合は、実施教習所と相談してください。

検定内容


Q11.プロドライバー検定を、普段使用している車両で実施できますか…?
プロドライバー検定は持ち込み車両での実施が可能ですので、その旨を検定申込時に実施教習所に伝えて下さい。
なお持ち込み車両は検定前にお借り、ホールベースなど車両特性を調べさせて頂く場合があることをご了承ください。

Q12.特別課題にはどんな課題がありますか…?
特別課題は各車両の大きさ、重量、形態等から生ずる特性や、走行の態様等からその車両の求められる技能についての検定課題です。
代表的な例としてトラック検定の場合は、車輪を目標に合わせて停止させる「ポイントタイ」や、前進右左折で車両を誘導する「オンライン」等があります。

Q13.法規走行にはどのような課題がありますか…?
法規走行は交差点の右左折や信号交差点の通過、一時停止等の課題があり、交通法規に従った走行が安全にできているかどうかの課題があります。

Q14.講習はどのような内容で行われますか…?
講習のうち1時限は安全運転に関する講習で、もう1時限は検定課題等に関する講習になっており、講習修了者には「技能講習修了証書」が交付されます。

合格証書と認定証


Q15.合格証書はいつ発行されますか…?
検定合格者には検定当日、実施教習所より「合格証書」が交付されます。

Q16.認定証はいつ発行されますか…?
「認定証」は携帯できるカードサイズのもので、検定合格後、後日検定協会がから郵送で送られます。

一般社団法人 日本プロドライバー検定協会/〒348-0036 埼玉県羽生市砂山80 TEL.048-501-6212 FAX.048-561-1547